株 3ヶ月 -136,856円 引き続きUnity下落中

ユニティソフトウェアの株を購入して3ヶ月。炎上後、引き続き泥沼です。

外国株式

  • 損益: -136,856円
  • 元本: 466,516円
  • 評価額: 329,660円
  • 年数: 3ヶ月
銘柄 保有数量 評価額(10/20) 買値 損益
ユニティソフトウェア
UNYSE
80 329,660円
(1株$27.49)
466,516円 -136,856円
取引履歴
  • 7/3 ユニティソフトウェア 数量50 約定価格$43.5 受渡金額316,410円
  • 8/15 ユニティソフトウェア 数量10 約定価格$36.11 受渡金額52,939円
  • 9/19 ユニティソフトウェア 数量10 約定価格$33.37 受渡金額49,638円
  • 10/1 ユニティソフトウェア 数量10 約定価格$31.5 受渡金額47,529円

買う→下がる→買う→下がる→買う→下がる

2023年7月3日にユニティソフトウェアの株を購入し、そこから毎月、買う→下がる→買う→下がる→買う→下がるが続いております。3ヶ月で-136,856円は予想以上の悪い結果。

そんな中で良かったのは、下がりっぷりを楽しめている事。ちゃんと余剰資金でやれていると実感できます。焦って手放す気持ちもまったくなく、来月もまた買おうかと思います。

買収に期待するしかない

ユニティソフトウェアは急な料金プラン変更によって完全に信頼を失いました。慌てて改定した新料金プランでは失った信頼が戻るわけもなく、ユニティ離れは進んでいます。株価も落ちています。

信頼を取り戻すのは難しいでしょう。これから長い時間をかけて上昇していくか、既に注力していることは表明しているAIによって革命を起こすか。
急な一発逆転があるとすれば買収。2022年8月、AppLovinによる175億4000万ドルの買収提案を断っていたユニティ。今後も買収の提案はあるでしょうし、断りにくい状況にもなってきているなと思います。

不安定な状況は続きますが、汎用ゲームエンジンとして一定のシェアを誇っておりますから、急に潰れて消える心配はありません。そこは余裕を持って見られるところ。

Udemy株を検討中

ユニティソフトウェアの株を購入した失敗は、価格の下落よりも自分が使っていないものというところが大きいと感じます。私はUnreal Engineに熱中しています。

自分が愛用しているものなら、応援の意味もあって気持ち良く株が持てると思います。
Unreal Engineの学習でUdemyを利用していますから、Udemyの株を買おうか検討中です。ただ、Udemyもユニティソフトウェアと同じく収益性が悪く、慢性的な赤字のようです。状況は厳しい。

Udemyの問題としてバナナの叩き売り商法もあります。定価をかなり高く設定しておいて、頻繁に80%OFFとか90%OFFの叩き売り。これは印象が良くないですから、株を買って応援という気持ちは削がれるところです。

とりあえず、ユニティソフトウェアは100株持ちたいので後20株。あれこれ手を出さず、ユニティソフトウェア100株のまま放置でもいいかと思っています。

自分が利用しているものの株として、SBIホールディングス(株)の株も検討して注視していたのですが、価格が急上昇したタイミングでしたからスルーしていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました